お客さまの声furacoco voice

爺と初孫と初節句

東京都砂田 佳恵(すなだ かえ)ちゃん
平成29年11月8日生
私は都内在住、還暦の爺です、お人形と言うと、私が子供の頃、狭い6畳一間の貧しい生活の中で髭もじゃの鍾馗様の五月人形が記憶に残っているぐらいですが、結婚し二人の娘に恵まれ華やかな雛人形を飾り、女の子はいいものだと感じました。
その長女が結婚し現在は札幌に在住しております。昨年11月に出産予定となり、妊娠中に初孫は娘と分かった頃、ある雑誌で「ふらここ」の雛人形のこと知り、ショールームも我が家から近くにあり、妻と一緒に見学に行きました。
夫婦ともに可愛い雛人形に一目惚れし、娘夫婦が気に入れば「ふらここ」にしようと、まだ見ぬ初孫を思いながらほのぼのとしておりました。
そして、冬の札幌で初孫、佳恵が誕生しました、母子ともに健康で一安心、毎日送られてくるスマホの写真を見ながら笑ったり、心配したり、良く言いますが本当に孫とは可愛いものだと感じました。
よし、次は雛人形と早速、札幌に「ふらここ」のカタログを送り、娘夫婦に聞いてみると大賛成、早速、注文させていただきました。
そして、雪の降る札幌に無事に届き、早速、飾れば外は雪でも部屋の中は、佳恵の笑顔も春爛漫です。ちょうど、お食い初めと初節句祝いを兼ねてのお祝いをしたとの事。写真を見ながら今年はみんなで笑顔の思い出に残るひな祭りとなりました。
3月には東京に佳恵が来ます。その日を待ちわびている爺です。
ふらここ様、本当にありがとうございました。
先頭へ戻る