お休みのお知らせ

※ショールームのオープン日につきましては、「お知らせ」ページよりご確認ください。

6 / 2017
sunmontuewedthufrisat




123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
7 / 2017
sunmontuewedthufrisat






1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031




女雛のお衣裳/襲(かさね)について

女雛のお衣裳/襲(かさね)について

平安時代には、季節によって衣服に使用する色に決まりがありました。
特に、衣服を重ねて着る時の重ね着の色の配列を「襲色目(かさねのいろめ)」といい、色目の名称は四季折々の風物にちなんで付けられました。
貴族の女性たちは、この「襲色目」を大切な教養のひとつとし、装束の袖口などに表れる色彩の美しさを競い合いました。
平安文学を代表する紫式部の『源氏物語』にも、四季折々の風物と調和した「襲色目」の美しさが随所に描かれています。

「襲色目」の基本的な名称には、下記のようなものがあります。

色々(いろいろ)・・・ 二枚づつ違う色を重ねた配色です。

匂い(におい)・・・ 濃い色から順に薄い色になる、同系色のグラデーションです。

薄様(うすよう)・・・ 上から下につれて淡色になり、裾が白になる配色です。

村濃(むらご)・・・ 所々に濃淡がある配色です。

裾濃(すそご)・・・ 薄い色から順に濃い色になる、「匂い」とは逆のグラデーションです。

雛人形トップへ戻る